外壁塗装で中古も新築のように生まれ変わり|頑丈住宅メーカー

複数ある塗料の種類

不動産

水漏れの原因も防ぐ外壁塗装にはどのような種類と性能があるのか。住人のライフスタイルや建物の劣化具合などによって選ぶ塗装の種類や工事方法も異なってきます。建物を少しでも長く持たせるには材料選びと工事方法の選択も適切なものを選ぶ必要があります。
また外壁塗装の塗料には太陽からの強い赤外線を反射する塗料や熱伝導を抑える塗料を使うのも、冷房費などの節約にもつながり今注目されています。
塗料にはそれぞれ持っている効能があります。また耐久年数の長さも幅広いので、予算と照らし合わせて業者と相談しましょう。

一般的な塗料ではアクリル樹脂が使われます。耐久年数が4年~6年ほどと言われ、値段も安いために幅広く使われています。しかし耐久年数の短さから外壁塗装は完璧ではありません。
塗替えによく使われる塗料がウレタン樹脂です。耐久性はアクリル樹脂より長めで8年~10年となっています。
耐久性が長く、さらには建物内部の結露を防止する性能も併せ持つ塗料がシリコン樹脂です。耐久性は12年~15年で、耐候性、耐熱性にも優れた塗料です。
耐久性が最も長く、最近の一般家庭の外壁塗装によく使われるようになってきた塗料がフッ素樹脂塗料と呼ばれるものです。これは15年~20年の耐久性に加え、長期耐候性にも優れています。
塗料の中では最高水準の性能を持っています。
外壁塗装はそれにかかる値段も高額ですが、水漏れなどその他のマイナス要因を防ぐ大事な工程です。一時的な金額ではなく、長い目で見て慎重に選ぶ必要があるのです。