外壁塗装で中古も新築のように生まれ変わり|頑丈住宅メーカー

長期的な効果を維持

住宅

家を建てたあともきれいな外壁を保つために定期的に外壁塗装をすると必要があります。しかし外壁塗装をするメリットは見た目がキレイになるというだけではありません。家は常に風雨にさらされ続けています。
もしも外壁塗装をしなければ柱や壁がすぐに腐食してしまい、建物が傷んでしまいます。
外壁塗装をすることは建物を保護することになります。一般的に10年ごとの外壁の塗替えがいいとされています。
10年とはあくまで目安の期間であるため10年以上塗替えをしなくても問題ない場合もあります。

しかし壁にひび割れやサビがあったり、変色している箇所があると10年未満でも塗替えを行います。また壁に触れた際にチョークの粉のようなものが手につく場合も塗替えの目安の時期です。塗料の皮膜が硬いものを使っている場合、塗料のひび割れと同時に壁にもひび割れが生じてしまいます。
その場合、壁のヒビ割れから建物内部に水漏れをしてしまいます。その水漏れが原因で建物の腐食が始まってしまうのです。
ひび割れは放置せずに対処する必要があります。また塗料には伸縮性のある弾性塗料というものがあります。これは壁にヒビが入った場合でも一緒に塗料が剥がれることがなく、水漏れを防いでくれる塗料です。

塗装工事を行う上で最も重要な工程は「下地」になります。これは水漏れを防ぐことのみを目的とした防水工事やシーリング工事にも共通しています。下地は表からは見えない部分であり、素人にはわかりにくい部分でもあるため疎かにされないようにしっかりと確認することが必要です。
高品質の塗料を使って外壁塗装を仕上げたとしても下地が疎かになっていると塗装の性能や効能を発揮しないうえに塗装が剥がれてしまったり膨らんできてしまったりして、外壁塗装自体が水漏れの原因となってしまいます。